個人でも車を売却できる

車を売る時に、どんな書類が必要なのか調べてください。 納税証明書や、譲渡証明書などたくさんあるので、初めて車を売る人は混乱してしまうかもしれません。 車を売る際に最も気をつけなければいけないことは、名義を変えることです。 購入する人の名前に、変更してください。

実際に車を見てもらおう

ネットオークションを利用して、車を売る人が多いでしょう。 オークションサイトに写真や説明を掲載できますが、それだけで取引を進めないでください。 実物を見てもらわないと、イメージと異なるなどのトラブルが起こります。 トラブルに気をつけて、個人売買を進めてください。

いくらで売れば良いのか

車を売る時に悩むのは、いくらで売ればいいのかという部分だと思います。 売り手と買い手が、納得する価格でなければいけません。 ネットオークションは自分で価格を付けることができますが、最初から高すぎる金額を付けないように気をつけましょう。 相場を確認してください。

書類を忘れずに用意する

基本的に車検を受けている車でないと売却することはできません。
そのため、車検証が必要になります。
また車を売る際は、これまで税金を納めていたことを証明しなければいけません。
納税証明書も用意してください。
税金を納めていない車は、他人に売却できない決まりなので注意してください。
車を売ると、所有者がもう自分ではなくなります。
譲渡証明書も用意して、名義も変更してください。
名義が自分のままでは、何かあった時の連絡が自分に来てしまいます。

車を売る際は、実際に車を見てもらってから購入を決めてもらいましょう。
相手に車を見せずに売ると、後からトラブルが起こります。
イメージと違っていたと言われて、返品を請求されるかもしれません。
個売買は、トラブルが起こりやすいので気をつけなければいけません。
車を見せて、実際に乗ってもらうことでトラブルが起こらず車を売買できます。これまで乗っていた大事な車なので、大切に乗ってくれそうな人に売りましょう。

車を売る際の価格は、お互いが納得できる金額にしてください。
高額すぎても、購入したいと思う人がいなくなります。
しかし安い価格を付けすぎると、自分の得られる利益が少なくなります。
オークションサイトを見ると、自分と同じような車を出品している人を発見できます。
その人がどのくらいの価格を付けているのか調べて、参考にしてください。
きちんと利益を得られるような金額を考えて、車を売却しましょう。

おすすめリンク

ユンボの買取価格

不要になったユンボを買取してもらいたい!一体いくら?気になる買取価格相場をまとめました。

中古トラックのメリット

中古トラックを購入することのメリットをまとめました。実際に購入したことのある方に聞きました。