必要なものを用意しよう

>

個人でも車を売却できる

証明するための書類

車検をしっかり受けていることを証明するため、車検証を用意してください。
車は、メンテナンスをしないと不具合が生じてしまいます。
不具合が起こっている車は、誰だって乗るのが怖いです。
ですから車検証がないと、メンテナンスを受けていないことの証明になるので購入したいと思う人がいなくなります。
忘れずに用意して、買い手を安心させてください。

納税証明書という書類も必要です。
こちらは、車の税金を支払っていることを証明するために使う書類です。
税金は、車を所有している限り毎年発生します。
車を売る年の、納税証明書を用意してください。
各都道府県の税事務所に行くと納税証明書をもらえるので、今年のものかチェックしてください。

名義を変えるため必要

譲渡証明書は、車の名義を変更するために使います。
車を譲渡したという証明になるので、忘れずに用意しましょう。
売却した後も車の名義が自分になっていると、他人が起こした事故の責任を、自分が取らなければいけなくなってしまいます。
また、車を購入した人が保険に入ると思います。
保険の料金も、自分に請求が届きます。

余計な責任を負ったり、出費が増えないよう名義を必ず変えなければいけません。
忙しくて、自分で名義を変更することがどうしてもできない人がいると思います。
その場合は委任状を書いてください。
委任状があれば、自分以外の人でも名義の変更ができるようになります。
家族などに代行してもらう際は、委任状が必須だと覚えておきましょう。


この記事をシェアする